急に現金が必要な時のために、カード換金について覚えておきましょう

小銭入れと小銭の山

昔から現金化する人はいた?

クレジットカード現金化という行為はいったいいつごろから行われるようになったの行為なのか、実際に行う際にはどのように工夫をすればより大きなメリットを得られるのか、について解説します。

数千円のお金

カードを現金化するなら

ショッピング枠現金化を行う際にはどのような工夫をすればメリットを得られるのか、どういった点に注意する必要があるのか、今回はそういった部分について解説してゆきます。

山のようなお札の束

カード現金化の注意点

カード現金化は近年より一般的になってきた行為ですが、実際に行う際にはどのような注意点があるのでしょうか。どういった情報や知識を得れば良いのでしょうか。今回はそういった部分の解説です。

カード現金化の特徴と歴史

急に現金が必要になってしまったらクレジットカードを現金化すれば良いのでこちらのサイトを見てみましょう。

硬貨を積み上げ数える女性

カード換金というのは、クレジットカードのショッピング枠を現金に換える行為ですよね。 通常カードで現金を手にする場合はキャッシングですが、キャッシング枠は比較的上限額が低いため、使い切ってしまう人も多く、そんなときにショッピング枠を現金化できないかというアイデアのもと生まれたのが、いわゆるカード換金という行為です。 ショッピング枠で買い物をし、その商品を購入金額と同じかそれ以上で売る、このシンプルな行為で実質的にショッピング枠を現金化したことになります。 カード換金の特徴と言えば、やはり利益を生み出せる可能性があるというポイントです。 キャッシングでは金利の分、金銭的な意味で必ず損失が発生します。 カード換金の場合、購入金額と金利分を上回る価格で商品を売ることができれば、損失どころか利益が生まれるのです。

カード換金の歴史は日本でクレジットカードが使われるようになった1960年代にまで遡ります。 カードで購入した商品を転売する人は、既にかなり昔から存在していたのです。 1990年代になるとカード換金を専門とする業者が非常に多くなりました。 それまでカード換金は個人で転売するのが一般的でしたが、業者を利用して手軽に換金を行う人も増えてきたのです。 2000年代に入るとそういった業者の中から逮捕者が出たことがニュースとなり、それが返って一般的な認知度を高めました。 さらに2010年になると総量規制の影響で借入れられる金額が年収の3分の1にまで制限されました。 その制限もあってかカード換金を行う人はさらに増えたとされています。

人気記事

100万円分の一万円

「急に現金が必要な時のために、カード換金について覚えておきましょう」の人気記事一覧です。