昔から現金化する人はいた?|急に現金が必要な時のために、カード換金について覚えておきましょう

急に現金が必要な時のために、カード換金について覚えておきましょう

昔から現金化する人はいた?

小銭入れと小銭の山

日本でクレジットカードが使用され始めたのは、1960年代です。 クレジットカード現金化という行為は、じつはこの頃からすでに行われていました。 クレジットカードで購入した商品を転売する人がいたのです。 しかしクレジットカード現金化という行為がより一般的になったのは、専門業者が増えた1990年代でしょう。 それまで個人で転売することが普通でしたが、業者を利用し手軽に現金化できるようになり、それが定着したのです。 2000年代になると現金化業者の中から不正を行った逮捕者が現れ、ニュースとなったことで逆により一般的な認知度が高まりました。 さらに2010年には総量規制により借入金額が制限され、これにより需要が高まりさらに現金化を行う人が増えたのです。

クレジットカード現金化を行う際に、金銭的な意味でより大きなメリットを生み出したいのであれば、やはり業者を利用するよりも自分で転売する方が良いでしょう。 どのような商品を購入すれば高く売りやすいのか、どういったルートで売り出せばより大きな利益を得られるのか、工夫することで換金率は結果的に100パーセントを上回ることも珍しくありません。 しかし慣れないうちはそういった工夫も難しいかもしれませんよね。 最初はクレジットカード現金化の専門業者を利用し、購入から売り出しまでの流れを把握してみると良いかもしれません。 もちろん業者を利用すれば、換金率が100パーセントを上回ることはまずありません。 しかし80パーセント〜95パーセント程度の高い換金率で現金を手にすることができることが多いので、早急に現金を欲している場合には業者を利用するのも工夫の一つと言えるでしょう。